インサイト・モデレーター講座1デイ講座

こんにちは。

松本です。

 

好評いただいています、モデレーター講座~司会者養成講座、

冬の1デイ講座、大阪の日程と会場が決まりました。

 

勉強といえば、春と秋のイメージがありますが、

この講座は、なぜか例年、冬と夏のほうが多くの方にご参加いただいています。

大阪の講座には、岡山から来ていただく方もいらっしゃいます。

 

確かに春は人事異動などで落ち着かなかったり、

ゴールデンウィークの計画に夢中になったりしますし、

秋も公私ともに行事の多い時期ですね。

 

・2月11日(月・祝)10時ー17時 

・心斎橋駅徒歩5分のミーティング・ルーム(大阪市中央区南船場)

 

お昼1時間休憩あり(恐縮ですがお弁当などのご用意はございません)。

 

1日でマーケティング・インタビューの基本的な考え方、人の集め方、

インタビューフローの書き方を学び、実際にインタビュー、書記も経験。

17時の段階で、報告書、提言書が仕上がっている、という実践的な講座です。

昨今、ユーチューブなどのインターネット動画での座談会やインタビューをされる方も受けていただいています。

 

東京は2月末から3月はじめ頃になりそうです。決まり次第、またご報告させていただきます。

 

◎インサイト・モデレーター講座

 


2019年スタート~今年はインサイト×カスタマー・ジャーニー~

新年明けましておめでとうごいます。

本年も、株式会社マーケティング・ハピネスと松本朋子を

どうぞよろしくお願いいたします。

 

米中貿易摩擦はどうなるのか・・・

景気はどうか・・・

AIで仕事がなくなるのではないか・・・

色々な懸案はありますが、

今年も粛々と、生活者にとっての「幸福な未来」を小さなところからですが、

創っていきたいと考えています。

 

昨年末から予告していましたように、

今年2019年は、【インサイト×カスタマージャーニー】を年間テーマとして取り組みを進めてまいります。

 

・1月21日(月)大阪・心斎橋

・1月24日(木)東京・青山一丁目

 

それぞれ18時から、基礎編セミナーを開催します。(21時まで)

1年間12回、研究会のなかで、このテーマと向き合うわけですが、

最初にカスタマー・ジャーニーの基本的なことをお話させていただこうとうものです。

 

生活者の購買行動が見えにくくなっている昨今。

そう!生活者は、オンラインとオフラインが一日のうちに何度も入れ替わり、交錯しその姿を掴まえにくいのです。

同時と言う場合もありますね。ご飯食べながら(オフライン)YouTubeを見ている(オンライン)とか。味覚はオフライン、視覚聴覚はオンライン。

YouTubeの広告をジャーニー(旅)の始まりだとして、どんな道のりとゴールを設定しましょうか?

 

カスタマー・ジャーニーということばは聞いたことあるけど、

なんだったけ?という方、

是非いらしてください。

 

チケットは下記からお求めいただけます。

大阪のチケットももちろんあります。

続きを読む

インサイト研究会2019年―その2

こんにちは。松本です。

 

前回ブログ、来年の研究会をご紹介する記事に書き忘れたことがあり投稿します。

 

今月(12月)中有効な、クーポンを発行しています。このブログをお読みの方はどうぞ、クーポンをお使いください。10%オフをなります。

下記サイトからのみ有効です。

 

https://insight2019tokyo.peatix.com/

 

 insight1812

 

 


インサイト研究会2019年

こんにちは。

松本です。
あっという間に、まもなく歳の瀬。
慌ただしくなってきました。
来年の手帳、来年のカレンダー、
もう準備されましたでしょうか。
私は、いちおう両方手に入れました。
今日は、来年のインサイト研究会について
お伝えします。
インサイト研究会は、弊社が毎月欠かさず、東京、大阪2会場で開催している、マーケティングの研究会です。
インサイト、主に生活者の購買心理について、様々な事例に取り組んでいます。
「インサイト・モデレーター講座」では、1日でインサイトの手法を数種お教えしているのですが、インサイト研究会では、さながら千本ノックのように事例に取り組むイメージです。
年間テーマを設けていまして、
かつては、エスノグラフィー(文化人類学的手法)をテーマに、一年を通して観察ワークを実施しました。
東京駅のホーム売店で、飲料やお弁当を買う人たちを観察したりしたんです。懐かしい。。。
そして来年は、
     “カスタマー・ジャーニー × インサイト“
 
年間テーマとします。
カスタマー・ジャーニーは、このところ度々目にするようになりました。
お客さまの旅って、なかなかロマンチックな表現ですよね。
 
旅なので、旅立ちと目的地への到着があります。目的地到着が、ゴール、つまり「購入」(多くの場合)です。
旅のどこで、どのようなメッセージを送れば、お客さまに響くのか、旅を途中で辞めないでいてくれるのか、とても興味深いです。
インサイト研究会は、1月から12月が1年のサイクル。1月のご入会が一番お勧めです。初めての場所には、不安もあるかもしれませんが、皆優しいので(笑)
どうぞ、いらしてみてください!

インサイト・モデレーター講座 受講者の方とのQ&A

こんにちは。

松本です。

 

秋分の日、作日は中秋の名月と、秋を感じる毎日となりました。

さて、モデレーター講座夏季講座を受講していただいた受講者の方とのやり取りが

皆さまにもお役に立ちそうですので、こちらで紹介させていただきます。

 

講座のなかで実施しているコラージュ・エキソサイズについてです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

〔Q. 1〕

事前にモニターさんにコージュを作ってきて頂く場合は、同じ雑誌などをあらかじめ送って作成していただいた方が良いのでしょうか?
それとも、ご自分で雑誌を探して作っていただくのでしょうか?
 
★また、事前にモニターさんにコラージュを作成していただいての
座談会の流れがいまひとつ質問項目のイメージがつかないのですが
どのような流れで座談会の進行をしたらよいのでしょうか。

 

〔A.1〕

1.手法が先にありき、はあまり良いことではありません。
あくまでも課題があり、その課題にふさわしい手法があります。
写真を使うほうが良い場合も多々あります。

あらかじめモニターさんが用意するということなら、写真を撮ってきてもらうほうが
向いています。

 ※クライアントが男性で、女性の行動や心理に疎いのであれば、写真はかなり有効です。ことばで説明しても腹に落ちないことでも、写真を見れば、「なるほど」となりやすいのです。
たとえばクローゼットの中、洗面所、玄関その他、写真を撮ってくる等。

2.コラージュは、<自分でもことばにしにくいこと><自分では気づいていないこと>を引き出す補助的なものです。
 
ヒューマンインサイトということばもあり、これは「夢や願望、憧れ」「不安」などです。
コラージュでは、たとえばこうした“願望”を貼り合わせたり、あるいは、“過去の幸せな思い出”を切り貼りしたり、“ブランドイメージ”を貼り合わせたり、ということに適しています。

素材(雑誌等)は統一したほうが良いです。そうでないと、「全員、この写真貼ってるね」とか「仮説として○○考えたけど、誰もその写真選んでないね」といった会話が成り立ちません。

またできれば、集まってもらってからエキソサイズしたほうが良いです。なぜなら、考える時間を作りすぎると、本音から遠さかる場合があるからです。
・・・・・・・・・・・・・・・・

以上です。

 

講座受講の後に、メールで質問をお受けする期間を設けています。

 

年内最終のモデレーター講座は、11月に予定しています。

また新たに、1対1インタビューレッスン、スタートします。

インタビューの練習する場所、機会がない、という受講者さんの声から、”稽古場を作る”というビジョンをいただき温めてきました。

下記よりお申し込みいただけます。

 

インサイトモデレーター講座

https://www.insight-moderator.info/プログラム/

 

1対1インタビューレッスン

https://www.insight-moderator.info/1対1インタビューレッスン/


ダウンロード
従来からのマーケティングと新しいマーケティング
ダウンロード フリー。
”マーケティングの基本と今必要なこと”
new_marketing.pdf
PDFファイル 108.4 KB