2020年インサイト研究会テーマは「顧客とのエモーショナルコネクション」

こんにちは。

松本です。

 

来年2020年の話です。

14年目のインサイト研究会

テーマを「顧客とのエモーショナルコネクション

(emotional connection with customers)」としました。

 

年間テーマを”エスノグラフィー”や

今年のように”カスタマージャーニー × インサイト”といった

手法に設定することもあります。

この研究会は学術研究をするのではなく

<事例の千本ノック>を標榜していますので (笑)

手法を年間テーマにするほうが、

手法を自分のものとすることは容易です。

 

もう少し抽象的なテーマを設定することもあり、

過去には、”パーセプション・チェンジ”をテーマにしたこともあります。

ちょっと難しいことばですね。

パーセプションは認識。

生活者がどんな認識を持っていて、

そこを突破するにはどうすればよいのか・・・。

 

手法ありきのほうが

その手法を会得しやすいものの

テーマに対して、やや無理をして合わせていくこともあります。

一長一短です。

 

来年は手法ありきではなく

「顧客とのエモーショナルコネクション」!!

 

ではなぜ今このタイミングで

このテーマを選んだのか?!

 

それは今年1年クライアントや知人、友人様々な人と話していて

今後ますます、このことが重要になると

思わされたからです。

 

具体的は、

某通販化粧品メーカーさん。

登録の顧客リストが10万人でも

アイテムのリピートに苦労しているとのこと。

 

CRMフォーラムでの講演。

サブスクリプションが数年前から話題になり

実際新しいビジネスモデルとして定着したものの

(もちろん月額課金そのものは以前からあります)

毎年サブスクリプションの解除に対する”守り”が

課題になりつつあるという話。

 

行動経済学が明らかにしているように

損得といった経済合理性だけでは動かないのが人間です。

1周まわって(?)

ブランディングやファンミーティングなども見据えつつ

様々な角度から、このテーマに迫っていきたいと考えています。

 

*「インサイト研究会2020」11月いっぱい早期お申し込み割引を実施しています。

 

インサイト研究会 ←こちらからお申し込みください。東京(青山一丁目)関西(心斎橋)遠隔参加も可能です。

 


インサイト研究会でのエスノグラフィー

こんにちは。

松本です。

 

インサイト研究会、

今年は年間テーマを「カスタマージャーニー×インサイト」と設定。

このテーマにそって例会を積み重ねてきました。

そうはいっても、たまには外に出ようということで

エスノグラフィーの実践をした月があり

そのことを書き留めておこうと思います。

 

……………………………………………………

ちなみにエスノグラフィーとは文化人類学の手法。

観察と記録が主体です。(インタビューを絡めることもあり)

……………………………………………………

 

写真は関西例会で訪問した

“アリエール・ランドリープロ“。

P&Gが全国で1店舗だけ運営するコインランドリーです。

訪問時 私たち以外にお客さまの姿はなく

どんな人が何を洗濯しに来ているのかの観察は

残念ながらできませんでした。

 

場所は閑静な住宅街、西宮市苦楽園です。

最近流行のカフェ併設の進化系ランドリーではなく

あくまでも重厚なランドリー。そしてプロというネーミングは

アリエールのブランドイメージをどう持っていきたいのか、

・・・・・その後ディスカッションしました。

何を狙っているのか?

 

とにもかくにもアンテナショップとして

今後も色々と試せるようにお膳立てをしているという印象です。

抗菌プラスや防ダニ。

単に汚れを落とす洗濯からの進化。

 

そしてーーー

つい最近。

10月下旬から「アリエール防ダニプラス」が発売になりました。

“防ダニ“の需要が見込めるとの判断が

なされたのですね!

 


トレンドレポートとトレンド勉強会

こんにちは。

松本です。

 

「トレンドレポート」リリースしました。

テーマは【パーパスPupose】

(PDF版2メガFree)

 

ご希望があれば無料にて

お送りします。

下記よりお申し込みください。

勉強会もあります!

 

トレンド勉強会【Purpose】

 

□2019年10月4日(金)14時30分−16時30分

 

□表参道「LaLaファティマ」サロン

 

東京都渋谷区神宮前3-6-12

(表参道より5分、外苑前より5分)

https://www.lalla-fatima.net/

 

□参加費 5000円(税別)

 

※残席2名様


あらためて、私、松本朋子の仕事とは?

こんにちは。

松本です。

 

写真は一昨日訪問した、ビジネス盟友女性が手がけたプレ・オープン施設。

で、久しぶりに会った彼女と話していて、

「そんな仕事していたの知らなかった・・・」と言われた件。

(モデレーター講座のこと)

 

私としては、一貫した仕事をしているつもりながら、

他人からは何だかよくわからいものなのだな、はたと気づかされました。

 

このブログも、私のことを全然知らない方も読まれるかもしれないので、

あらためて、私の仕事のことを書いておこうと思います。

私の専門はマーケティング。マーケティングといっても広いので

弊社 株式会社マーケティング・ハピネスでは、

名刺に「Trend & Insight(トレンド&インサイト)」と入れています。

WEBサイトには「市場動向にアンテナを張り、生活者インサイトの発見に努める」としています。

 

トレンドウォッチャーとして、生活者購買心理の解き明かし専門家として、

クライアント(個人、法人)の売り上げアップの後押しをする存在。

ここでいうトレンドとは、TVで○○が流行っています、というよりもっと前段階の兆しです。

 

◎関連記事

https://marketinghappiness.jimdo.com/2016/01/07/2016年トレンド予測と個人的なテーマ/

 

企業さんのコンサルティング(新規事業も含め)。

インサイト調査。

そしてこのブログで最近よく投稿している「インサイト・モデレーター講座」。

(インサイト調査の司会が出来る方を養成。1対1インタビューレッスンもあり)

インサイト研究会は、東京・関西で毎月実施。継続13年目になります。

 

「昨日まで輝いて見えていたものが、急に色あせて見える」そういうことが実際あります。

いったん『掴まえた!!』と喜んだインサイトも、

時の経過とともに”購買のツボ”ではなくなることもありえます。

ですので、市場動向にアンテナを貼ることは、とてもとても大事なことだと考えているのです。

ともかくも、色々に見えるかもしれませんが、トレンド&インサイトに集約されるということをご理解いただけたら嬉しいです。

 

次回トレンドレポートのテーマは、「パーパス・ドリブン」です。

絶賛、執筆中 。この日本語まちがい・・・笑。


インサイト・モデレーター講座受講(修了)生の方から

こんにちは。

松本です。

作日は、関西のインサイト研究会でした。

終了後、雨が降らず何とか持ってくれたので、グランフロント大阪の「ガーデン ビア」に。

(私は、写っていません。撮影してます (笑))

 

 

さて、「モデレーター講座・夏季1デイ講座」が近づいてきました。

7月28日(日)と8月3日(土)です。内容は同じです。

毎週土曜日に習い事があるという方もいらっしゃるし、日曜日は家族の用事があるという方も。

ですので土曜日と日曜日に講座を設けました。

それほど経験があるわけではない、ということで受講を迷われている方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

新設のプロ講座は経験者のみですが、この1デイ講座は初心者の方もいらっしゃって、きちんと習得して帰られます。

どうぞご安心ください。

昨年は、Web動画で司会役をするので、という方もいらっしゃいました。

 

 

昨年の夏季1デイ講座を受講(修了)された方に、先日実際にお仕事していただきました。

感想をいただいています。

 

・・・・・・

インタビューが始まるまで、話が続くだろうか、答えてくれるだろうか、
誰が何を言ったか分からなくならないか・・・と様々な心配をしていました。
最初は緊張から慌ててしまいましたが、講座で演習したときのことを想い出したりして
途中から、相手の話を聴くことに集中すると、緊張が和らぎ質問もしやすくなりました。
 
「本音と意見の違いが大切」であることを講座で聞いて納得したものの
何が本音で何が意見なのかその区別があいまいだったのですが、
実際にインタビューをしてその後振り返りをすることで、違いに触れることができました。
そして、インサイト発見のためには、本音が話しやすい場を作ることの大切さを
改めて感じました。
 
リラックスした空気を作りながら本音を聴けるよう、経験を積みたいと思います。
I 美さん

・・・・・・

ありがとうございます。

今年もどんな出会いがあるか、とっても楽しみです。

 

https://www.insight-moderator.info/

 


インサイトのイメージピクチャー法と映画「アラジン」

こんにちは。

松本です。

 

インサイトの”イメージピクチャー法”は、新しくリリースする「モデレーター<プロ>講座」で皆さまに体験していただく計画をしています。

 

さて、作日ディズニー映画『アラジン』実写版を観てきました。

とても良かったです!!評判通りの高い完成度。それとマーケターとして関心があるのは、時代の気分を移すヒロインです。さらに”イメージピクチャー法”でのアーキタイプを考えるにあたっても興味深いものがありました。

 

アーキタイプは元型とも呼ばれ、人種、国籍を超えて直感的に理解できる”型”。

ヒーローアウトロー統治者などです。

アラジンはヒーロー、王女ジャスミンは恋人、邪悪な大臣ジャファーがアウトロー。役割がはっきりしています。

 

そして物語アラジンはもちろん魔法が大きなテーマであり、マジシャンが活躍します。

太古の昔から人間は、「魔法が使えたら・・・!」と切望してきたのでしょう。

 

インサイト”イメージピクチャー法”の話に引きつけて話しますと、アーキタイプは商品そのものというよりもブランディングで考え合わると、パワフルです。

 

わかりやすい例としては、改革者というアーキタイプ。人気があります。マイクロソフトの統治者に対するアップルの改革者。(日本にも「判官びいき」がありますねー)

 

マジシャンが最強ではない、ということがまた面白いです。魔法が使えるなら何でもできるのではないのか?アラジンのなかでは、「人に惚れさすことと、死者を蘇らせることはできない」という台詞がありました。

 

ブランディングで結果を出ことは、認知されることとファンになってもらうこと。もっとはっきり言ってしまえば、長くお金を落とし続けてもらうことです。

 

魔法を使っても「惚れさすことはできない」→直接「ファンになってもらったり、愛されたり」はできないのです。

もちろんマジシャンというアーキタイプが有効な場合もあります。念のため。

 

ブランディングは、ものすごく重要です。

そしてアーキタイプは使えます!!

インサイト”イメージピクチャー法”でアーキタイプを使いこなしてみてください。

 

*「モデレーター<プロ>講座」は2019年8月4日(日)10時ー17時 東京(飯田橋)です。

https://www.insight-moderator.info/

 

 


ダウンロード
従来からのマーケティングと新しいマーケティング
ダウンロード フリー。
”マーケティングの基本と今必要なこと”
new_marketing.pdf
PDFファイル 108.4 KB